ロボット掃除機

投稿:2019年7月24日

・朝起きたら掃除が終わっています。1日が綺麗な部屋で時間も余裕ができて気持ちよくスタートできます。ロボット掃除機は高嶺の花でしたが価格競争の時代になりAmazonの売れ筋ランキングを見ると1万5千円から実用的に使える機種があります。

・『ロボット掃除機を選ぶ時に役に立つ記事』は初めての方向けにロボット掃除機について解説しています。とりあえず良い掃除機を知りたい方は『お勧めのロボット掃除機』を観てください。

・水拭きの機能付きのロボット掃除機 Dibea D960を初めて使いました。水拭き良いです。

■ ロボット掃除機を選ぶ時に役に立つ記事

◆ ロボット掃除機・Amazonで好評な10機種を評価する

Amazonのロボット型クリーナー の 売れ筋ランキングを参考に10の機種を選び評価しました。その中からお勧めのロボット掃除機を選びました。


◆ ロボット掃除機の選びかた

ロボット掃除機は5機種、3年以上使用しました。その経験を基に ロボット掃除機とは、選び方、お勧めの機種 についてレポートします。


◆ ロボット掃除機の現状

ロボット掃除機は価格競争の時代になりました。 2万円前後の価格で実用的に使える機種が多数あります。ロボット掃除機の現状をレポートします。



■ 代表的なロボット掃除機

◆ ルンバ e5

私が一番にお勧めする掃除機です。価格は5万円台とちょっと高めですが絨毯を掃除する性能は抜群です。

・ルンバ e5:特徴、動作、メンテナンス

「ルンバ e5:ゴミを取る力をDEEBOT N79Tと比較する」に続いてルンバ e5 の2回目のレポートです。今回はルンバe5の特徴、動作、メンテナンスについてレポートします


・ルンバ e5:特徴、動作、メンテナンス

ロボット掃除機 ルンバ e5 について3回にわたってレポートします。今回はゴミを取る力を中国製のDEEBOT N79Tと比較します。DEEBOT N79T は21,900円で購入しました。 



◆ ECOVACS DEEBOT N79T

アマゾンの価格をチェックしていると2万円くらいで購入できます。アマゾンの600シリーズと同等の性能です。2018年8月より使っていますが快適に掃除をしています。兄弟機種のDEEBOT N79(Tが無い)の価格は¥19,900 – ¥14,900(¥19,900 – ¥5,000OFFクーポン)です。DEEBOT N79Tに比べ若干ゴミを吸い取る力が落ちますがアマゾンのユーザーレビュは好評です。

・21,900円のロボット掃除機は使えるか?(1):ゴミを取る力をルンバと比較する

中国製のロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT N79TをAmazonで21,900円で購入しました。DEEBOT N79Tを数回にわたってレポートします。今回はゴミを取る力をルンバと比較します 


・21,900円のロボット掃除機は使えるか?(2):機能をレポート

中国製のロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT N79Tを21,900円で購入して1カ月間使用しました。機能をルンバ621との比較を交えてレポートします。アマゾンのカスタマーレビューは4.6と好評です 


◆ Dibea D960

1ヶ月使いましたが順調に掃除をしています。水拭きはフローリングの汚れを綺麗にします。便利です。

・Dibea D960は水拭きができるロボット掃除機

2万円以下の価格です。吸引掃除だけでなく水拭き掃除もできます。ルンバの606と同等のゴミ、ホコリを吸引します。このメーカーはダイソン風のステック掃除機をアメリカ、日本のアマゾンで販売しています。。



◆ Dyson 360 Eye

ダイソンのロボット掃除機の最新機種はDyson 360 Heuristです。Dyson 360 Heuristは旧型のDyson 360 Eyeを少し改良しただけです。基本の機能、性能はDyson 360 Eyeと同じです。

・ルンバ 621 vs Dyson 360 Eye・狭いところを掃除する
ダイソン・ルンバ
ルンバ 621 と Dyson 360 Eye を実際に動かして比較しました。その状況を2回に分けて動画でレポートします。前編は『狭いところを掃除する』


・ルンバ 621 vs Dyson 360 Eye・広いところを掃除する
Dyson 360 Eye軌跡
前編『狭いところを掃除する』に続いて後編の 広いところを掃除した経過をレポートします。23畳(8+6+5+4)の掃除に掛かった時間は Dyson 360 Eye:2時間、22分、ルンバ 621:1時間10分です 





■ まとめ

私はロボット掃除機を6機種を3年間使いました。便利です。3年前に比べると安くて良いロボット掃除機が多く販売されるようになりました。高機能な機種でお勧めはルンバ シリーズです。コスパが良い機種は中国製です。中国製は多くは良い掃除機ですが中には問題のある物もあります。実績のある機種を選択して下さい。

日本製のロボット掃除機の私の感想:残念ながら日本製のロボット掃除機は機能、性能に比べ価格が高いです。売れているのは日本国内だけです。ルンバと中国製のロボット掃除機は世界で販売され売れています。

 

■ お勧めの記事

・GoPro HERO7 Black と OSMO POCKE を比較

GoPro HERO7 Black と OSMO POCKE は個性的なビデオカメラで共に小型でブレ補正機能が優れています。トラッキング、ブレ補正、画角、耐衝撃について比較してそれぞれの特徴を明らかにします


・ロボット掃除機の選びかた

価格競争の時代になり2万円台のロボット掃除機もあります。6機種を3年以上使用した経験を基にロボット掃除機の選び方、お勧めの機種についてレポートします


・Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利?

スマホのカーナビアプリを使い初めて2年以上経ちます。カーナビアプリ『Yahoo!カーナビ』と『Google Maps』の比較をレポートします。