ルンバ i3+ ゴミの自動取集は便利・暗い部屋も掃除できる

改定:2021年4月13日A、投稿:2021年4月8日

ルンバ i3+ にはクリーンベースが有ります。このクリーンベースは数ヶ月間のゴミを収集できますので ゴミ捨ては数ヶ月に一回です。これは便利ですが注意する事があります。

ルンバ i3+ の初めての設置、試運転、アプリのインストールと1ヶ月間 使用して感じた良い事、残念な事をレポートします。*アイロボット ファンプログラムの企画でルンバのモニターに参加しています。

ロボット掃除機は2015年アイロボット体験モニターで初めて使いました。妻に「モニターが終わったら返すよ」と言ったら困ると、妻の勢いに押されてルンバ621 を購入しました。それ以来 清掃はロボット掃除機にお任せです。便利で手放せん。現在エリア別に3台使用しています。

目次

概要

ルンバ i3+ の構成は クリーンベース と ロボット掃除機本体 の2点です。便利な事が多くあります。

  • クリーンベースは充電だけでなく、ロボット掃除機本体から自動でゴミを吸上げます。
  • マッピング機能で部屋の地図を作成して効率よく走行し広い面積を清掃します。
  • センサーが光の影響を受けないので暗い部屋も問題なく掃除します。
  • デュアルアクションブラシは清掃能力が高くブラシに絡んだ毛を清掃するのが楽です。

設置と試運転

設置と試運転は簡単でした。何の問題もなく動作しました。

◆ 設置

  • クリーンベース(自動ゴミ収集機)をAC100Vをつなぐ
  • 『ルンバ i3』をクリーンベースに置く


◆ 試運転・手動で『ルンバ i3』を動かす

    • CLEAN・ボタンを押す
      • 清掃を開始
    • HOME・ボタンを押す
      • クリーンベースに戻りゴミを吸上げる
      • 吸上げる時はかなり大きな音がする。ビックリ

 

iRobot Home アプリ

ルンバ i3+ を便利に使用するには スマートフォンと Wi-Fiが必要です。スマートフォンの「iRobot Home アプリ」は便利です。

◆ アプリのインストール
スマートホンに「iRobot Home アプリ」のインストールと設定をします。

 ●「iRobot Home アプリ」をダウンロード
Playストアから「iRobot Home アプリ」をダウンロードする。

 ●インストール
インストールはアプリのアニメーションの指示に従って操作します。
ここでかなり苦戦しました。原因は下記の2点でした。
これを理解すればインストールは簡単です。インストールにはWi-Fiのパスワードが必要です。

  • Wi-Fiは2.4GHz帯を指定します
  • クラウド・サーバーの応答が遅い時があります

ルンバ i3+ をWi-Fiに接続します。ルンバ i3+ のWi-Fi は5GH帯はサポートしていません、2.4GH 帯を指定して下さい。

ルンバ i3 をWi-Fiに接続できましたが、その後 設定が進まないので何度かやり直しました。しばらく 放置していたら設定が進行していました。どうもサーバーの反応が遅かったみたいです。

 ●設定
スケージュールだけを設定しました。他は初期状態で使用しています。

アプリで動かす
アプリの操作は問題なく直観的に操作できました。清掃した結果はアプリの履歴で見ることができます。

清掃は午前3時から4時頃の暗い部屋で寝ている時に行なっています。朝に履歴をみて清掃が完了しているか確認しています。

問題点

◆ ベースに『ルンバ i3+』 が戻っていない
朝一番、ルンバをみに行きました ベースに ルンバ i3 がいません。アプリの履歴を見ましたら原因がすぐ判りました。段差に乗り上げて止まっていました。
何回か同じ事があったので、乗り上げた所にゴミ箱を置き ルンバ i3 の侵入を阻止しました。以後この問題は起きていません。

 

◆ ガラガラと異音がして おかしな走行をする
ルンバ i3 のデュアルアクションブラシを外して中を見ました。ブラシの間に五円玉が有りました。取り除きましたら正しく作動しました。前日に五円玉を落としました。それをルンバが吸い込んだのです。

動作が変な時はデュアルアクションブラシを外してロボット掃除機が何かを吸い込んでいないか確認して下さい。 画鋲、今まで ケーブル、小さなメダル を吸いこんだことがあります。


◆ 清掃できない領域がある

下の写真をみてください。左の3月15日の清掃マップは31㎡・1時間15分。右の今日は25㎡・52分です。原因は2cmの段差です。この段差の先に9畳の部屋が有り乗り越えない時がありました。

他のロボット掃除機も同様に乗り越えない時がありました。今まではその部屋には手持ちでロボット掃除機を運んで、清掃していたので気がつきませんでした。・・・・

 

 





まとめ

1ヶ月使った一番の感想は『掃除している事を忘れる』事です。清掃の時間を早朝(夜間)に設定すると、気付かないで毎日 清掃が済んでます。今までは1週間に一回くらいのゴミ捨てをしていましたが、数ヶ月に一回のゴミ捨てとフィルターの清掃だけです。便利です。

◆ 良い事
多くのロボット掃除機を使ってきましたが、ルンバ i3+ は価格と機能のバランスが良いです。特に良い事が三つあります。

  • その1暗い部屋も正しく清掃できる
  • その2自動ゴミ捨て機能
  • その3ゴム製デュアルアクションブラシ

夜間 に暗い部屋をすることは重要です。清掃はチリ、ホコリが落下し人が活動してない夜間行うのが最適です。ルンバ i3 のセンサーは光に影響されないので真っ暗な部屋でも問題なく走行でます。ルンバの中には暗い部屋の清掃が苦手な機種もあります。

ゴム製デュアルアクションブラシはブラシにからむ毛を取り除くのが楽です。毛が多くでるペットを室内で飼っている部屋にはお勧めします。タワシ形式のブラシに絡みついた毛を取り除くのは大変です。ブラシの掃除に時間がかかります。他社はゴムブラシを使っていませんルンバだけです。特許があるのかな?

◆ 残念な事、疑問点
・紙パックの一部を透明にする。
クリーンベースの自動ゴミ収集は注意する事があります。台座についている宝石は吸い込んでも多分 デュアルアクションブラシにひっかるので気がつきますが、小さな宝石単体の大きさの物だと吸い込んで気づかない事があるるかもしれません。ゴミを確認して捨てたい時が有ります。画像解析などで怪しい物を認識して吸い込まないのが一番良いのですが。

・価格が高い
ルンバのゴミ捨て機能があるロボット掃除機に比べ i3 の価格は 安いですが『¥99,800 円・Amazon調べ 』はまだ高いです。フローリングだけの清掃でしたら他社に高機能で価格が安い機種があります。

◆ 疑問点
一回の充電で清掃できる面積が意外と狭いのでは? 今回使用した経験ですと最大40平米くらかな?

 

関連


◆  関連リンク


◆  お勧め記事



Xiaomi Redmi Note9Sのカメラの使い方と広角、標準、ズーム、ポートレート、マクロで撮影した様子をレポートします。



電動アシスト自転車の概要と購入時の選び方、売れ筋を紹介します。



Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利?