Xiaomi Redmi Note9S のカメラは素晴らしい・撮影と編集

投稿:2020年9月21日

Xiaomi Redmi Note9Sのカメラの使い方と広角、標準、ズーム、ポートレート、マクロで撮影した様子をレポートします。

■ 目次

 

■ なぜ Redmi Note 9S を購入したか

Redmi Note 9SとOPPO Reno3 A2を比較しました。OPPO Reno3 Aはおサイフケータイ、防水防塵(IP68)対応でディスプレイが有機ELで優れていますが価格が¥35,900~とRedmi Note 9Sに比べ¥12,000 位高いです。カメラは同じような性能なので価格の安いRedmi Note 9Sを購入しました。

  • Redmi Note 9S
    • 評判:星5つ中の4.3
    • 価格:¥24,266
    • Android 10.0/ MIUI
    • 6.67インチDotDisplay FHD
    • カメラ(4眼):4800万画素 AI
    • Snapdragon 720G
    • RAM 4GB / ROM 64GB
  • OPPO Reno3 A
    • 評判:星5つ中の4.1
    • 価格:¥35,900~
    • ColorOS 7.1 (based on Android 10.0)
    • 6.44インチ FHD+ AMOLED(有機EL)
    • カメラ(4眼):約4800万画素
    • Snapdragon 665
    • RAM 6GB / ROM 128GB
    • おサイフケータイ
    • 防水防塵(IP68)対応

■ カメラの概要

・レンズの構成

通常、広角、マクロと深度を測るレンズがあります。ズーム用のレンズはありません。ズームはデジタルズームで実現しています。

      • 右上:4800万画素イメージセンサーにF1.79のレンズ、センサーの画素ピッチは1.6μm
      • 左上:800万画素のイメージセンサーにF2.2のレンズを組み合わせた119度の超広角カメラ
      • 左下:500万画素のマクロレンズで、2cmから10cmのマクロ撮影(接写)
      • 右下:被写界深度を測る200万画素の深度センサ

・基本操作

カメラを起動すると左の様な画面になります。ここで画面の下のメニューをスワイプしてモードを選びます。ビデオ、写真、ポートレイト・・・などのモードがあります。

次に画面の右上の三本線のマークをクリックすると、右の画面の様に詳細なメニューが表示します。フレーム、グリッド、マクロ、水平器、Googleレンズなどの機能を選べます

 

・AI

AIを設定すると被写体が何か判断します。下の写真をみて下さい。左の赤丸の中を見ると人のアイコンが表示されています。(写真をクリックすると拡大します)人の顔を認識しています。顔に最適な撮影条件を設定するのでしょう。どのくらいの物を認識するのか未確認です。2017年に発売したHuawei Mate 10 ProのAI付きのカメラを参考にして下さい。

 

■ 広角、標準、ズーム

広角と標準はそれぞれ専用のレンズ、センサーが有ります。ズームはデジタルズームです。

      • 広角:800万画素、FOV 119°
      • 標準:4800万画素、FOV 79°
      • ズーム:デジタルズーム

写真は広角、標準、ズームの順番です。





ポートレート

ポートレイトでは背景をぼかして被写体(人物など)を際だせることができます。背景のボケ具合は下の写真の赤矢印が示すスライダーで調整できます。

 

ポートレートで撮った写真は背景がボケています。撮影の時はピントの合う位置に注意して下さい。画面をクリックするとその所にピントが合います。下記の写真はポートレイト、通常の順番です。

・高村光太郎 1955年 高田博厚


・水浴 1969年 高田博厚


 

■ マクロ

マクロモードは左画面の上の三本線をクリックすると右の画面のなります。ここでマクロをクリックするとマクロモードになります。これで500万画素のマクロカメラで最短距離の撮影ができます。

 

青丸の所をマクロで撮影しました。マクロで撮った花の写真は綺麗ですね。近くに寄るのでスマートホーンの影が気になりました。

■ 編集

撮った写真はカメラ アプリで編集できます。カメラ アプリのシャッターボタン左をクリックすると撮った写真を見ることができます。
それが下記の左の写真です。ここで矢印で示すアイコンをクリックすると右画面の編集モードになります。ここでトリミング、フィルター、彩度、明るさ・・などの編集ができます。



■ まとめ

Xiaomi Redmi Note9S のカメラはSNS,通常の撮影には満足です。これが2万円半ばで購入できるとはすごいです。

■ 関連

■ お勧めの記事



2万円以下で使えるロボット掃除機ががあります



360度写真は上下左右どこでも見れます



GoPro HERO7 Black と OSMO POCKE を比較



Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利?