DJI OSMO POCKE ・概要とストラップ、三脚の取付

改定:2019年1月15日、投稿:2019年1月14日

OSMO POCKETを3週間 使いましたが、歩きながらの撮影に便利です。今回のテーマはOSMO POCKETの概要、ストラップと三脚の取付、スマートフォンを接続してモニターです。


■ 概要

◆ OSMO POCKE で撮影した動画
最初にOSMO POCKETで撮影した下記の動画を見てください。この動画は全て歩きながら撮影しました。編集を行いましたが横、縦、回転の補正は行なっていません。手ブレ補正の評判が良いソニーのハンディカムも持っていますが、OSMO POCKETの手ブレ補正はそれを超えています。

 

◆ 外観
OSMO POCKET は重量:116g、高さ:121.9mm と軽量 小型です。

DJIストアより転記

ジバルを搭載したカメラ、タッチパネル液晶、USBインターフェス(側面と底面)、ふたつのボタン型スイッチ、SDメモリースロットで構成しています。

 

◆ 構成
OSMO POCKET とスマートフォンはアクティベーションの時につなぐ必要があります。またつなぐと操作に便利な事が多くあります。しかしミニUSBのインターフェースは準備されないです。別途ユザーが用意する必要があります。

 

■ ストラップと三脚の取付、スマートフォンを接続してモニター

◆ ストラップを付ける
ストラップを取り付ける穴はありません。USB type-C 変換アダプターにストラップを付け、それをOSMO POCKET に差し込みました。ストラップは同梱のものです。* USB type-C 変換アダプター ¥ 499 アマゾンで購入

 

◆ スマートフォンでモニター
スマートフォンでのモニターは高い視点からの撮影、自撮りでの画面確認に便利です。

Osmo PocketとスマートフォンをUSBケーブル(USBケーブル Type C to マイクロB 2.0USB Type C – USB Type C )で接続し、スマートフォンで撮影画面を確認しました。安定に作動しました。アダプターでの接続は接触が不安定でスマートフォンの画面がフリーズする事が度々ありました。

スマートフォンは『リングスタンド+マグネット車載ホルダー対応』に入っています。自撮り棒とは磁石で固定しました。自撮り棒には自作で磁石を取り付けました。磁石での取り付けは簡単に取り外しができ便利です。


◆ 三脚に取り付ける
Osmo Pocketを下記の2点で三脚、1脚、自撮り棒に取り付けました。

■ 感想

◆ 総論
* 満足です。とにかく 小さく、軽いのが良いです。
* 機能を割り切りジンバルを搭載したこのカメラは素晴らしいです。

* 存在感が小さいので人混みで撮影しても意識されず自然な撮影できます。歩き動画撮影が簡単に撮影できます。

* GoProと比較する記事が多くありますが。機能が多く異なるので比較の対象にならないと思います。

 

良い事
* 町歩きの動画が綺麗に撮影でました。それも簡単に。OSMO POCKEの録画ボタンを押して歩いたら綺麗な動画が撮影できていました。

* 116g、高さ:121.9mm 軽くて小さいので持ち歩くのが楽です。町を歩いて撮影しても対向者がカメラに気が付かないみたいで自然な様子が撮影できます。

* 3×3の写真撮影の時はビックリ、カメラが自動で動いて9回?撮影

 

残念なこと
* ミニUSBのアダプターが同梱されてない。
* ストラップを止める穴がない
* 三脚を止めるネジ穴がない
* 価格がもう少し安いと気楽に買えるのですが
* 取説が無い。あるのかな。見つからなかった?
.





 

■ お勧めの記事

・ルンバ e5:ゴミを取る力をDEEBOT N79Tと比較する

ロボット掃除機 ルンバ e5 について3回にわたってレポートします。今回はゴミを取る力を中国製のDEEBOT N79Tと比較します。DEEBOT N79T は21,900円で購入しました


・Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利?
スマホナビ比較
スマホのカーナビアプリを使い初めて2年以上経ちます。カーナビアプリ『Yahoo!カーナビ』と『Google Maps』の比較をレポートしま


・ロボット掃除機

ロボット掃除機の現状をレポートします。今まで書いたロボット掃除機の記事からからお勧の記事を選定しました。2万円くらいの価格で実用的に使えるロボット掃除機があります。便利ですのでロボット掃除機使ってみて下さい


 

■ 関連サイト