HC-VX1Mの4K動画:撮影後に編集でズーム、パン

改定:2019年7月21日、投稿:2019年7月20日

4K(3824 x 2160)で撮影して編集でズーム、パンを行いFHD(1920 x 1080)で出力しました。撮影後PowerDirectorの編集でズーム、パンを行い変化のある動画ができました。実際に試作した作例とズーム、パン編集の様子を紹介します。

HC-VX1Mを9ヶ月使い4K動画を撮影しました。4K動画は綺麗なだけでなく便利な事が解りました。また軽く小さいのでバッグに入れて持ち歩いています HC-VX1MのAmazonカスタマーレビューは好評です

■ 作例

■ 作例の3 君津共同火力発電所

基本のズーム、パンを行った動画です。最初に中央上にズ2倍ズーム、ズーム後に右にパン。
この動画のズーム、パンの編集の様子は後半にあります。



■ 作例の2 鋸山山頂から

ズーム後、視点を左に移動した後に下に移動しました。


■ 作例の1 マリンカーニバル豊洲

ズーム・パン編集前の動画もありますので見比べて下さい。ズーム・パンを使い編集した動画が面白い事がわかります。

・ズーム・パンを使い編集

・編集前





■ 動画編集ソフトでズーム、パン

動画編集ソフトPowerDirectorでズームとパンを行う編集を行いました。前記の「作例の3 君津共同火力発電所」の編集を例に紹介します。

4K(3824 x 2160)で撮影した動画を2倍以内でズームし、FHD(1920 x 1080)出力しました。FHDの画素数の2倍が4KなのでFDHでの画質は保たれています

ズーム、パンは画像を観ながら行いますので直観的で簡単です。詳細は下記のズーム、パンを編集で行うの動画を観て下さい。

    1. 編集モード
    2. デザイナー
    3. PiPデザイナー
    4. ズーム、パンの編集を行う

■ 感想

撮影時にズーム、パンを綺麗に行うのはアマチュアには難しいです。しかし撮影した後、PowerDirectorの編集でズーム、パンは簡単です。スムーズなズーム、パンができると動画に変化があり面白い動画ができます。4K動画は画質が綺麗の他このような使い方ができますのでお勧めします。

 

■ 関連サイト

 

■ お勧めの記事

・GoPro HERO7 Black と OSMO POCKE を比較

GoPro HERO7 Black と OSMO POCKE は個性的なビデオカメラで共に小型でブレ補正機能が優れています。トラッキング、ブレ補正、画角、耐衝撃について比較してそれぞれの特徴を明らかにします


・ロボット掃除機

ロボット掃除機は6機種、3年以上使用しました。その経験を基に ロボット掃除機とは、選び方、お勧めの機種 をレポートします。


・Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利?

スマホのカーナビアプリを使い初めて2年以上経ちます。カーナビアプリ『Yahoo!カーナビ』と『Google Maps』の比較をレポートします。