ハンドル・ブレーキが無い自動運転バス NAVYA ARMA に試乗

投稿日:2017年8月8日

自動運転バス調査委員会は自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」の一般試乗会を7月18日~23日に開催しました。早速予約して自動運転のバスに試乗しました。試乗したバスは運転席がありません。完全自動運転が可能な「レベル4」を実現したバスです


■ 試乗の様子をレポート

・試乗会は港区のプリンス芝公園内の空中庭園で行われました
試乗の走行ルートは円形で、途中に障害物検知のデモンストレーションと仮の停留所が設けられています




・最初乗車するまで心配でしたが何の問題もありませんでした
運転席が無くてどの様に動かすのか興味しんしんです。車内に15インチ位のタブレットの様なものがあります。ここに走行ルートGOボタンが表示されています。走行ルートの中から目的地をタッチ、その後GOボタンをタッチすると走行を開始しました

試乗するまで不安でしたが、実際に乗ってみると何の問題もありません快適です。車の前に人が現れば自動で止まりました。次回は実際の街の中で乗車したいです




・自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」は運転席がありません
この自動運転シャトルバスは「NAVYA ARMA」(ナビヤ アルマ)です。GPS、LiDAR(レーザーレーダー)、カメラを実装しています障害物を検知して、あらかじめ設定したルートを自律走行することができます。
ハンドル、ブレーキとアクセルなど運転席はありません。初めに手動で運転して走行ルートを設定します。手動運転にはハンドル、ブレーキ、アクセルの代わりにゲームコントローラーを使います


■ 関連
自動運転の動画 – YouTube
自動運転バス調査委員会が実施する実証実験に自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」を提供
自動運転バス調査委員会
Navya-100 % autonomous and electric



■ お勧め記事
Yahoo!カーナビ と Google Maps どちらが便利
スマホナビ比較スマホのカーナビアプリを使い初めて2年以上経ちます。カーナビアプリ『Yahoo!カーナビ』と『Google Maps』の比較をレポートします
▲ 続きを読む


・SIMフリースのマートフォン・故障した時どうする
SIM-RakutenSIMフリー・スマートフォンを使用して1年以上たちました。毎月の支払いは 2,000円以下です。お財布に優しいスマートフォンですが故障したらどうなるのか心配です。故障した時の対処について調べました
▲ 続きを読む